トップページ > コンサルタント紹介

コンサルタント紹介

経営コンサルタント

齋藤 喜夫

介護系の専門学校を卒業後、重度身体障害者施設や介護老人保健施設では介護職に従事。
介護保険導入後は民間の介護事業所にて20カ所以上の事業所の統括を行いつつ、社会福祉法人の常務理事兼施設長を兼任。
平成25年7月に介護系コンサルティングファーム、株式会社オールスター・Labを創設し、平成26年6月に在宅介護複合施設ケアファクトリーリズム八乙女をオープン。
戦略的な経営と職員の就労環境を創造がお客様から選ばれる事業所が最大の近道と考え、介護業界の豊富な経験をもとに国内外の介護事業者への経営支援に活動をしている。


主な業務

・経営戦略全般 ・組織体制構築 ・マネジメント手法の構築

経営コンサルタント

横山 健

宮城県仙台市出身。
1995年三菱銀行(現、三菱UFJ銀行)入行後、国内外の法人融資部門にて法人の経営支援育成業務にあたる。
その後コンサルティングファームを経て本格的に介護事業の経営支援を行い、現在はセミナー講師や全国各地の介護事業の法人を訪問して、現場の職員や経営幹部と一緒に取組むコンサルティングで様々な経営課題の解決にあたっている。


主な業務

・経営戦略全般 ・新規開設支援 ・求人戦略構築 ・介護保険制度への対応

スーパーバイザー

阿部 貴博

介護業界には現場も含め14年。数々のデイサービスの開設や運営を行ってきた“通所運営のスペシャリスト”。「職員の育成」「管理者としての立ち位置」「集客方法」「営業方法」と事業者共通の多岐にわたる悩やみ課題を解決するべく、その人の目線に立ち、出来ない・解らない事をより簡単に出来るようにサポートしたいと考え、スーパーバイザーの道に就く。
現在は株式会社オールスター・Labの創業メンバーの一員として、現場での豊富な経験を基に、開設のプロフェッショナルとして「集客手法」「営業手法」を中心に、現場の職員、管理者と一緒に取り組む運営サポートを行っている。


主な業務

・通所系稼働率の向上対策 ・現場業務体制の構築 ・介護技術研修の実施

スーパーバイザー

土田 美奈子

山形大学大学院医学系研究科地域・在宅看護学領域修了。
急性期病院や看護学校教員として20年以上にわたり看護師の人材育成や教育に携わる。介護施設での医療連携制づくりを志し、現在は看護スーパーバイザーとして、看護師のみならず介護スタッフ向けの様々な研修を手がけるとともに、『施設で働く看護師の在り方』を伝承し、全国を飛び回っている。


主な業務

・医療体制の構築 ・喀痰吸引研修の実施

スーパーバイザー

庄司 浩介

宮城県仙台市出身。
特別養護老人ホーム勤務後にグループホーム、小規模多機能型サービス、サービス付き高齢者住宅など数々の施設の開設と企画運営を行う。
また仙台市及び宮城県のからの要請により、認知症介護指導者として初任者、実務者の介護職員の育成を行いながら、全国各所で施設職員の新人研修などを行い、現場目線でのレベルアップに取り組む研修請負人。


主な業務

・訪問介護、入所施設の体制構築 ・現場業務体制の構築
・認知症対応研修の実施 ・介護技術研修の実施

ケア接客士

菅原 義人

宮城県出身。専門学校のホテル科を卒業後、ミシュランガイドで星を獲得したフレンチレストランやホテルにて、接客の技術、そしてプロとしての「心構え」を学ぶ。
接客トレーナーにキャリアチェンジ後、活躍の場を更に広げるべく、全国初となる介護職員向けの接客術講師、『ケア接客士』として全国の介護施設向けの研修やセミナーを通し、利用者=お客様として扱う接遇術を伝承している。
現在は、介護研修施設ケアファクトリーリズム八乙女の介護職員としても従事しながら、施設におけるケア接客術の導入に向けた研究を重ねている。


主な業務

・介護施設での接客術導入構築 ・接客トレーナーの養成

このページの上へ戻る